青山メインランドのベテラン社員インタビュー 2004年入社/大河 蘭

一人の人間として評価されるまで - 営業部係長 大河 蘭 2004年入社

お客様に友人として意見を求められたことも

営業の仕事のやりがいは、お客様との信頼関係を自分の力で築けること。商品を売ればおしまいといったイメージがあるかもしれませんが、青山メインランドはご契約から長いお付き合いが始まります。私には10年目になるお客様もいますし、先日は山形に転勤されたお客様から会社宛てにサクランボが届いていました。ここまで来ると、ビジネスなんですが、それを超えた絆で結ばれている感じですね。その間、不動産や年金、保険などの様々な宿題をいただき、やり取りをさせていただきながら、多くのご新規のお客様をご紹介いただいています。

すでにマンションをご購入いただいているお客様から「友人として今なら2戸目のマンションを買うべきだと思う?」と尋ねられたこともありました。そこまで人として信頼されているのかと思うと、さすがに感激しました。営業冥利に尽きるなと思います。

効率よく働き、自分の時間も大切に

私は今、2人の部下を持つ班長を務めています。どちらも責任意識が強くて、真面目。厳しい要求にも前向きに取り組み、成果を出そうとする姿勢は、こちらが見習わなくてはいけないほどです。夜でも朝早い時間帯でも、交渉案件が入れば率先して準備を手伝ってくれますし、見返りも求めません。私にはかわいくて頼れる弟と妹で、自慢のチームメイトです。

その2人には、「業務をなるべく効率よくやって、自分の時間を大切にしてほしい」と言っています。営業には駅前で名刺を交換していただいたお客様を訪問する飛び込み営業や、紹介営業もありますが、基本は電話営業です。最も難しいですが、スキルを身に付けて少ない電話で効率よく成果を出し続けられれば、どんな営業にも対応できます。それに、お客様は北海道から沖縄まで全国にいらっしゃって、電話1本でアプローチできますから。せっかくなら、効率よく成果を上げてほしいと思いますね。

自分の可能性を広げるために投資を

青山メインランドは、不動産だけの会社ではありません。お客様のライフプランに関わるさまざまなシーンの中で、「お金」の運用について最適な選択ができるようにアドバイスすることも重要な仕事です。お客様にお金の計画をご提案したり、問題点を解決するお手伝いをさせていただくといったことはこれまでもやっていましたが、より安心してご相談いただけるよう、私もAFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)の資格を取得しました。新規のお客様にも、私どもを評価するにあたって客観的な判断材料にしていだけると思います。次は、より幅広い金融知識でお客様のニーズに対応する、CFP(サーティファイド・ファイナンシャル・プランナー)の資格取得を目指します。

就業時間が一般的な企業に比べて長いのは事実ですが、それを言い訳にしては次のステップには上がれません。忙しいとは思いますが、なんとか時間をやりくりして自分の可能性に投資してほしいと思っています。

ある1日の過ごし方

ある休日の過ごし方

平日できない家事をまとめて行います。また、美味しいものを食べることが好きなので、こだわりのあるお店をチェックして出かけています。

青山メインランドを一言で表すと「大きな家族」

社長が営業の人間をすごく可愛がってくれ、私たちに何かと気を遣ってくださいますし、相談にも乗ってくださいます。大きな家族のような安心感で包まれている会社です。

学生の皆さんへのメッセージ

辛いときに支えてくれるのは仲間の存在。学生時代には、素敵な思い出といいお友達をたくさんつくってほしい。それと、資格の勉強もしっかりやっておきましょう。

この先輩にBBSで質問してみるニックネームで投稿できるので、お気軽にご質問くださいね!