青山メインランドのベテラン社員インタビュー 2007年入社/篠田 礼門

すべての夢は、叶えるためにある - 営業部部長 ※現在、(株)メインランドジャパンへ出向中 篠田 礼門 2007年入社

結果に素直になったときに入った“スイッチ”

私のマネジャーとしての仕事は、部下を変えることです。何もしないで売れる社員はいないので、売れるように自己変革するように促しています。ただ、それは容易なことではありません。私自身も意を決して中途で入社しましたが結果を出せず、上司の考えにも共感できず、自己流でやったもののうまくいきません。こちらが絶望を味わっているときに、かたや上司は契約を大きく伸ばしていました。そのとき、自分の中でスイッチが入った気がします。ここは結果に素直になろう。話を素直に聞こう。言われたことを全部やってやろう。ピントを上司に当ててからは、数字が出るようになりました。

この会社に入社すると、全員が将来実現したい“夢リスト”を作ります。私の場合は長く付きあっていた女性と結婚に踏み切ることができ、マイホームも手に入れました。20名いる部下全員がステップアップしながら自分を変え、夢をかなえてくれたら、マネジャーとしてこれ以上の喜びはありませんね。

「意志あるところに道あり」

当社では、紹介営業という手法を重視しています。これは商品をご購入いただいたお客様との継続的なおつきあいを通じて、自然な形で新たなお客様をご紹介いただいたり、ライフプラン上のご相談がいただけるようにアプローチするものです。不動産の流通価格を調べる、年金や保険のご相談に応える、お客様の業界関連情報を集める、人的ネットワークのご紹介や、ときには一緒に遊びの時間を共有することも。そうした形のない貯金によって、ビジネスチャンスを広げています。このため営業マンには不動産、金融、保険、年金に関する知識やスキルが求められます。

私はかつて違う業界で働き、自分でビジネスを立ち上げ、アイデアやプロセスにこだわるあまり失敗した経験があります。ですから、何よりも成果を出すことにこだわりたい。好きな言葉は「意志あるところに道あり」。部下とともに、自分も挑戦していきたいと思っています。

プレッシャーを楽しむ企業風土に

青山メインランドは不動産会社にカテゴリー分けされていますが、現在、新たな収益チャネルを求めてビジネスモデルを変えつつあります。同時に企業風土も、これまでの非効率な体質や体制を改め、風通しのよいものにしようとしています。理想としては、プレッシャーを楽しむ風土です。プレッシャーは人や企業を成長させる上で、絶対に必要です。その緊張感を持ちつつ、一人ひとりが持てる力を最大限に発揮してライバルに果敢に挑む。より早く、より高く、より強く、より多く得られるように切磋琢磨し、励ましあいながら全力を注ぐ。そんなプロスポーツのような感覚をもった企業に近づけられたらと、考えています。

大きく変わりつつある会社で、自分を大きく成長させる。それは大変なことだけど、目標は高いほうがいい。挑戦することのワクワク感やドキドキ感を共有できる若い仲間と、ぜひ一緒に働きたいと思います。

ある1日の過ごし方

ある休日の過ごし方

まとまった時間がある週末は、仕事を振り返り、整理します。そして読書等の自己投資に時間をつかったり、家族でどこかに出かけたり、ジョギングをしたり、とても充実しています。

青山メインランドを一言で表すと「深く根を張った新芽」

地中にしっかり根を張りながら、あちこちの枝に変化というみずみずしい新芽を伸ばしつつある会社です。

学生の皆さんへのメッセージ

自分の可能性を追求してほしい。そして、勝手に諦めないでほしい。焦り、悩み、苦しさを正面で受け止め、それを乗り越えたとき、人は多くのものを手に入れることができます。辛さよりも希望がはるかに大きいことを信じて入社してほしいです。

この先輩にBBSで質問してみるニックネームで投稿できるので、お気軽にご質問くださいね!