青山メインランドの先輩社員インタビュー 2006年入社/吉田 三紀

支えられた恩を、支えることで返す - 企画部課長代理 吉田 三紀 2006年入社

年次が上がるにつれてアプローチを工夫

電話営業は、営業活動のスタートラインです。入社1年目は知識もテクニックもありませんから、私の場合、とにかく明るく元気に、を心掛けてアポイントをいただいていました。資産運用型マンションは不動産ですが、将来に備える投資であり、年金や保険に性質が近い商品です。ですので、年次が上がるにつれて、お客様の背景ごとに年金の話題を交ぜたり、会社の福利厚生制度に触れるなど、アプローチを工夫していきました。お客様を訪ねたときは相手の話に集中し、聞き逃すことがないように意識していましたが、最初のころはどうしても自分がしゃべりたくなっちゃう。そのことで、大切なことを聞き逃してしまって、きちんとアプローチすることができませんでした。

ただ、上司のアドバイスや、多くの経験を積むことで、お客様に沿ったプランの提案ができるようになり、そんなお客様から「吉田さんが頑張っているから、この人にアプローチしてみたら」と紹介されることも。自分を対等に見ていただいたような気がして、すごくうれしかったですね。

仲間がいれば大変な仕事だって楽しめる

入社当初は無我夢中で働きますが、だれでも何年か経つと仕事の意味がわからなくなる時期がやってきます。私は2年目に、せっかくご契約をいただきながら銀行のローン審査で却下されてしまうケースが5件続きました。上司からは理不尽に「おまえが悪い」と言われ、これから先もずっと契約が取れないようなマイナス思考になっていたとき、先輩から「何を悩んでいるの。もう1本あげればいいだけじゃない」と言われて、ハッとしました。「たしかに。また契約を出せばいいだけなんだ」と気づき、目の前が明るくなったのを覚えています。

強い仲間意識があれば、大変な仕事も楽しめるものです。この会社には真剣に教えてくれる先輩がいて、私の将来を思って叱ってくれる上司がいて、苦しいことも一緒にやっていける仲間がいる。今までたくさんの人に支えてもらった分、次は私が下の子たちに支えてあげたいと思っています。

経験活かし、営業に専念できる環境を用意

営業部から企画部に異動してから、物件をご案内するパンフレットの制作などの営業サポートと会報誌の制作を担当しています。それまではパンフレットにしても、次の物件の仕入れにしても、当たり前のように用意されていて、だれが準備してくれていたのか想像したこともありませんでした。職場を異動してはじめて、企画部や他部署の方々が、営業に専念できる環境を用意してくれていたことを知りました。これからは営業だったときの経験を活かして物件の魅力がより伝わる営業ツールの作成や、購入して頂いたお客様に安心感や新しい情報提供になる会報誌の制作をしていきたいと思っています。今は与えられたミッションをこなすだけでなく、新しいアイディアも出していきたいと思っています。

ある1日の過ごし方

ある休日の過ごし方

友達とのBBQ、ウェイクボード、登山など…年中アクティブに活動しています。体を動かすことが大好きです!

青山メインランドを一言で表すと「プラスアルファ」

成功しても失敗しても、それだけじゃ終わらない。とにかく深く掘り下げて物事を考え、すべてを糧にして前に進む会社です。

学生の皆さんへのメッセージ

諦めない気持ちとチャレンジする気持ちがあれば、強く結ばれた仲間ができるし、それを乗り越えたときにはノウハウと強いメンタルが身に付きます。とにかく、やる気を持って入ってきてください。

この先輩にBBSで質問してみるニックネームで投稿できるので、お気軽にご質問くださいね!